経営者の悩み お金に関わる悩みと問題
HOME

信用保証協会とは

返済の継続が困難な場合

補助金は受けられるか

助成金とは?

助成金の申請方法

国民政策金融金庫

経営者が支払う税金

税率

退職金・年金の作りかた

銀行融資を受ける場合
会社を経営されている方にはそれぞれ、人員についてや今後の展望、経営についてやお金関係など悩みはつきないことでしょう。特に不況といわれている昨今、そういった細かい悩みは根深くはびこり解決には大変な労力と精神的な負担をともなうでしょうし、経営者として気苦労が多い毎日を過ごされているのではないかと思います。

そこで今回はまず金銭的な悩みを解決するために、資金が足りず銀行融資を受ける場合についてお話をしていこうと思います。

経営者が銀行融資を受ける場合、まず取引のある銀行に行き融資の相談をすると思うのですが、その際に大事な事が『返済能力が高い会社』だと思わせることです。

銀行としても慈善事業ではないのですから、融資をする際はきっちり金利をとらなくては経営が立ち行きませんし、融資をしたお金が返ってこなかったらさらに大変ですよね。そうならないために融資の際は入念に審査をし、返済能力がちゃんとあるか、融資したお金は戻ってくるかを調べています。

なので、銀行から融資を受けるにはまず審査を突破せねばならず、そのために自分の会社は返済能力が高いですよ、借りたお金は金利も含め必ず返しますよ、と相手方に伝わるような説明をしなければならないのです。

そのために経営者は自社の資金性や安定性を相手にわかりやすく伝える努力をしなければなりません。そしてその自社の安定性を銀行へと伝える手段が企業の決算書で、経営者としても自社の決算書を見て内容を把握し、その上で銀行へ赴くようにしましょう。

その他民間の事業者ローンというのもありますのでそういうのを活用するのもいいでしょうね。

Copyright (C) 経営者の悩み お金に関わる悩みと問題 All Rights Reserved